スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然物と石油

天然物は○、化学物質は×”とする極論をときどき見かけます。
そこまで行かなくても天然物に安心感を持ち、化学物質を怖く感じる方は多いと思います。
このように「天然物」と「化学物質」を対比して考えがちですが、
実際は、天然物は化学物質の集合体です。
 
たとえば、
 
バラの香りは500種類以上の化学物質から成り立っています。
人のからだのタンパク質は10万種類くらいあります。
 
 
「天然物」の対比には「合成」が出てきます。
今は、原料は石油が主体なので
「石油からの合成」「または石油由来」として敬遠されます。

しかしながら、マクロ的に捉えれば石油は天然物由来です。

動植物は膨大の数の化学物質から出来ており、
この動植物が地球規模の温度、圧力、年月で変化したものが石油だからです。
  
  
ところで、動植物でも膨大な化学物質なので、
その集合体である石油は無限に近い化学物質の塊のようなものです。
  
このままでは、とても使えないので分解⇔精製を繰り返して特定の沸点の
グループ(例えば、ガソリン、軽油、重油など)として利用することもあれば、
ここまで行かない中間物をさらに分解⇔精製して単一の化学物質にして取り出します。
 
単一にできたので、これをもとに改めて合成することにより
新しい化学物質を生み出せば新しい機能が得られますし、
天然物と同一の化学物質を製造すれば天然物の乱獲を防げます。
 
このように石油の利用は私たちの生活を豊かにしてくれますが、
新しい物質であるために、まれに私たちにとってはマイナスになることもあります。

メリットとデメリット、両面を持っているのですが、
一般に悪い面だけ強調されますので、化学物質は怖いもの、
または“合成物は悪いもの”という感覚が広がっているのが現状かもしれません。
 
なお、天然物だから安全”という保証はどこにもなく、
【化粧品等の適正広告ガイドライン 2008年版】では、
天然物だから安全”という表現は禁止されています。
 
 
【あんだんてシャンプー&トリートメント】 より
 
 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| シャンプー de 毛髪・頭皮ケア ホーム |
シャンプー de 毛髪・頭皮ケア Page Top↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。