スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプーと防腐剤

シャンプーの効能とは直接関係がありませんが、
化粧品類と同様に、一般的には防腐剤が配合されています。

私たち人間のからだの表面(肌)やからだの中には微生物(菌)が存在しており、菌と共存しているとも言えます。それらには、健康にメリットをもたらすものもありますが、反面、害をもたらす雑菌・病原菌が繁殖する可能性もあり、何らかの防腐対策が必要とされるからです。

基本的には、防腐剤と定義されているものは、人間に害を及ぼさないよう作られています。しかし、敏感肌の方、アレルギー性の方は、トラブルが発生する可能性があります。この場合、「他の素材で補う・加熱など物理的手段を使う」といった対策を講じる事となります。

シャンプーの製造工程の菌対策は加熱処理が有効です。
また、使用中の対策のために防腐剤などを入れる事は効果的です。

ユーザーが使用中における「菌の対策」は、重要なポイントです。シャンプー剤(特に天然系)は、水分が多く菌が繁殖しやすい傾向がみられます。そこで、防腐剤の使用、また「他の成分の抗菌効果を利用し菌のコントロール」を行います。

防腐対策としては、容器を工夫する方法もあります。
たとえば、逆止弁付きチアパック(フレキシブルなアルミパック)は、
使用中に菌が入りにくく効果的です。
 
スポンサーサイト

無添加処方とシャンプー

無添加処方とは、ある特定の成分を含まない処方を意味します。
シャンプーやトリートメントにも「無添加処方」をセールスポイントにした製品が多数あります。
なぜなら「無添加処方」に対する、ユーザーの期待(安心・安全感)が高いからです。
つまり、販売面での効果は大きいと言えます。

ところで、当ブログでご紹介している【あんだんてシャンプー&トリートメント】の場合、
意識して無添加処方をした訳ではない・・・・そうで、
使用実績も豊富な素材を厳選した結果、自然とに無添加処方になったとの事です。


 一般的な無添加について 
  
単に無添加処方という場合は、旧・表示指定成分を配合していないことを指す場合が多いです。
旧・表示指定成分については、その設定自体が矛盾を持っている事から、
「配合しているから危険」で、「配合していないから安全」という単純なものではありません。
アレルギーのある方は避けておいた方が、より安全である確率が
高いと考えて頂くのが妥当と思います。
 
 
 無添加の安全性について 

旧・表示指定成分はアレルギー性についての1つの指標ですが、
無添加だからと言って製品の安全性全体を保証するものではありません。
また、鉱物油無添加などという無添加がありますが、多くの場合、
初期トラブルがあったために、その成分は危険だと決め付けられてしまっている例が多々あります。
 
 
 無添加処方への批判 

「無添加処方は、必要な成分が配合されていないので、却って危険である。」
・・・というもっともらしい批判も出ていますが、正しくありません。
旧・表示指定成分以外でも目的を達せられる成分は色々ありますので、問題はありません。
ただ、旧・表示指定成分は、使用頻度が大きい成分が対象になりやすいという問題点はありました。
使用頻度が高い成分は、それだけ性能とコストのバランスが良いものでもあります。
従って無添加処方では、コスト面で必ずしもベストではないこともあり得ますが、
だからと言って危険というのは極論です。
 
 
 色々な無添加 
  
旧・表示指定成分無添加のほかに防腐剤、鉱物油、シリコーン、増粘剤、増泡剤などの
無添加、合成界面活性剤不使用などがあります。
 
 

防腐対策と無添加

シャンプー、トリートメント、あるいは化粧品などにおいて、
製品の防腐対策をとっていない企業は、まずありません。
ただ、それぞれ防腐手段や防腐のレベルは違ってきます。
ちなみに防腐対策は、製造会社にとって「重要ノウハウ」とされており、
公表される事は滅多に無いそうです。

ただし、防腐対策の有力な手段の1つである「防腐剤」の添加は、
表示成分名が公表されますので、消費者も知ることが可能です。
よく知られているのは、パラベン、フェノキシエタノルなどです。
 
 
 パラベン 
 
パラベンは、パラベンフリーと表現されることもあります。
パラベンはシャンプーや化粧品に最も多く使用されている防腐剤で、
効果のある菌の種類が広いので魅力のある防腐剤です。
パラベンについては、毒物のように言う方もあれば、これがなければ
化粧品が作れないとする方もいますが、いずれも極論ではないかと思われます。
ただ旧・表示指定成分であり、アレルギーの方は避けておいたほうが良いでしょう。
「防腐剤無添加」とは「パラベン無添加」の程度の場合が多いようです。
 
 
 防腐性能のある配合成分 
 
防腐性能のある配合成分は色々ありますので、
防腐剤を使用しないでも防腐の目的を達することは可能です。

薬事法で「防腐剤」とされたもの以外にも防腐性能のある配合成分は色々あります。
一番古くから知られているのは、BG(ブチレングリコール)などです。
防腐性能は弱いので、これだけで防腐基準を守る事は難しく、他の成分と併用されます。
最近は、ペンチレングリコールなども着目されています。
 
 
 防腐対策の工夫 
 
防腐の目的は、使用者のお肌などを護ることです。
この目的のためには色々な防腐対策がありますし、
防腐剤の添加はその1つに過ぎません。

防腐剤は必要な配合成分ですが、旧・表示指定成分の約1/3が
防腐・殺菌剤であるように難しい問題を含んでいます。

その意味では弊害の生じにくい容器でカバーしたり、
刺激の少ない配合成分で防腐目的を達するのは理想的な方法の1つです。
ただ、この手法は技術的に大変難しいので実施している会社が少ないのは確かです。


低刺激性、低アレルギー性を追求している【あんだんてシャンプー&トリートメント】では、
薬事法で指定された防腐剤は使用していません。
製造工程では厳密な工程管理と、あるノウハウでカバーしています。

使用面での防腐対策としてはチアパックのような容器でカバーする一方、
静菌性のある脂肪酸エステルを配合しています。
  
  

無添加処方:鉱物油無添加

天然」や「自然」をセールスポイントにしている会社・製品がよく使う傾向にあります。
イメージとしては効果的ですが、ら鉱物油を配合したからと言って特に問題はなく、
この表示には技術的な意味はないとされています。

鉱物油とは、ミネラルオイルを指す場合と、
ジメチコンなどのシリコーン化合物を指す場合があります。

(ミネラルオイル無添加)
表示名称の“ミネラルオイル”は、流動パラフィンのことです。
流動性パラフィンは過去に不純物の混入によりトラブルを起こしたことがありますが、
精製技術が進歩した今日では問題がなくなっているのだそうです。
一度トラブルがあると後々まで尾を引くようです。

(シリコーンオイル無添加)
鉱物油無添加の対象としてはシリコーンオイルも含みます。

無添加処方:ノンシリコーン

シリコーン化合物全体を配合しないことをノンシリコーンと表現することが多いそうです。
無添加の表現はいろいろあり、その対象によって慣用的に使われます。
パラベンの場合は、パラベン無添加のほかに「パラベンフリー」とも言われます。
(パラベンはシャンプーや化粧品に最も多く使用されている防腐剤です)

ところで初めてリンス剤にシリコーンが配合されたころ、ある製品が髪にフケの
ようにシリコーン化合物が蓄積する現象を起こし回収する憂き目にあいました。
このことがシリコーンの印象を悪くしたのですが、処方の改善、洗浄力のある
シャンプーに普及などにより今は解決しています。
しかし、前述の流動パラフィン同様いつまでも印象の悪さが残っています。
  
また、シリコーン化合物は被膜形成があり、
撥水性も強いので皮膚呼吸を阻害しているのではないかと問題になったこともあります。
しかし、人の呼吸のうち皮膚呼吸は1~2%と言われていますので、
この点は実用上問題ありません。また、今は透気性のあるシリコーン化合物も開発されています。
  
シリコーン化合物は生理的には不活性(人体への影響はプラスもマイナスない)
と考えられています。
  
このように現在、シリコーン化合物に直接の問題点は無いとされています。
シリコーン化合物の採用により、指通りが改善され、
サラサラ感も出て見かけは大きな効果があります。

食品添加物を使用すると、どんな味でも作る事が可能なように、
シリコーン化合物を配合すると、どのような感触でも出素事が可能なのです。

このため洗浄成分の脱脂力が強すぎてパサパサした髪でも
シリコーン化合物配合リンスを使用する事で、見かけは問題がないように見えます。

ですので、万能でコストパフォーマンスもすぐれている
シリコーン化合物に頼り過ぎる傾向が生まれます。

一方、シリコーン化合物を使わず、適度な洗浄力を持つ洗浄成分や
アミノ酸の活用によって髪本来の自然なツヤなどを引き出す処方もあります。
これは「ノンシリコーン」の意味があります。
ただこれは、シャンプーやリンスを開発する際の設計思想の違いであり、
どちらが良いと言えるものではないそうです。

低刺激性・無添加処方【あんだんてシャンプー&トリートメント】

無添加処方:ノンカチオン

カチオン界面活性剤(一般的には四級カチオン)を使用しないことを
ノンカチオン」といいます。
  
「ノンカチオン」には技術的には意味があります。
四級カチオン界面活性剤は界面活性剤のなかでは比較的刺激性がある方なので
避けようとするものです。

ただ、コンディショニング効果が大きいため、広くシャンプー等に使用されていますので
「ノンカチオン」という表現を見ることは少ないと思います。

低刺激性とコンディショニング効果を両立させたい時は、
三級カチオン界面活性剤を使用します。


「無添加処方」の表示は、防腐剤無添加、鉱物油無添加、ノンシリコーン、
ノンカチオンなどなど、色々な場合において使用されます。


低刺激性、低アレルギー性を追求している【あんだんてシャンプー&トリートメント】では、

・薬事法で指定された防腐剤は使用していません。
・鉱物油無添加です。
・ノンシリコーンです。
・ノンカチオンです(四級カチオン界面活性剤不使用)。


| シャンプー de 毛髪・頭皮ケア ホーム |
シャンプー de 毛髪・頭皮ケア Page Top↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。