スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリートメントの配合成分について

トリートメントにおいて、一般的に使われる配合成分についてご紹介します。


 カチオン成分 

髪は水の中ではマイナスイオンの電気を帯びているので、プラスイオンの電気を
帯びている成分を配合すると直ぐに髪に付着して感触を変えてくれます。
リンスにもトリートメントにも必要な成分ですが、
リンスでは、カチオン界面活性剤というものが主に使われます。
  
カチオン性を持つ配合成分には、PPTをカチオン化したものなど多数あります。
トリートメントでは重要なものが多いくあります。

註:PPTとはポリペプチドと呼ばれるものです。
タンパク質を部分的に分解してアミノ酸に近づけたもので、髪の補修では重要な成分です。
   
   
 油性成分 

髪の表面に付着して髪をしなやかにしたり、指通りを良くします。

・高級アルコール(ステアリルアルコール、ベヘニルアルコールなど)
・天然油(ホホバ油、オリーブ油など)
・合成油(シリコーン化合物が主流でジメチコン、シクロメチコンなど)
・脂肪酸、脂肪酸エステル(イソステアリン酸ヘキシルデシルなど)


 毛髪補修成分 

・アミノ酸(アルギニン、グルタミン酸など)
・PPT(加水分解シルク、加水分解ケラチンなど)


 保湿・湿潤成分 

グリセリン、BG、ベタイン、ラフィノース


 防腐成分 

トリートメントに限ったことではなく化粧品全般に必要です。
パラベン、安息香酸、(銀/亜鉛/アンモニウム)ゼオライトなど


 その他 

PH調整成分(クエン酸、乳酸など)など。


 特徴付け成分 

各メーカーが特徴を出すために、配合する成分には次のようなものがあります。

酸化防止剤、殺菌剤(フケ防止)、紫外線吸収剤、
トニック剤、植物エキス、ビタミン、香料
 
 
スポンサーサイト

リンス、トリートメントの配合成分:カチオン成分

髪は水の中ではマイナスイオンの電気を帯びているので、
プラスイオンの電気を帯びている成分を配合すると、
直ぐに髪に付着して、感触を変えてくれます。

その役割を担っているのが「カチオン成分」です。

従いまして、シャンプーリンストリートメントには、
必ず!と言って良いほど配合されています。

但し、配合される対象によって使われるカチオン成分の種類も異なります。


 四級カチオン界面活性剤 
  
カチオン界面活性剤の中では、使用例が圧倒的に多いので、
単に「カチオン界面活性剤」と言うと、四級カチオン界面活性剤の意味で使われています。
界面活性剤のなかでは、やや刺激がある方なので、
カチオン界面活性剤全体の印象を悪くしている面があるとも言われています。

代表的なものとしては、
ステアリルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリドなどがあり、
リンス、トリートメントに配合されます。

旧表示指定成分の時代には、「塩化アルキルトリメチルアンモニウム」と
書かれていましたので全成分表示になって名称が大きく変わりました。


 3級アミン(三級カチオン界面活性剤) 
  
低刺激性の3級アミン(アルカリ性)ですが、酸で中和したときに
カチオン界面活性剤の機能を発揮しますので「三級カチオン界面活性剤」
として分類されます。(アミンの時は第3級と書くのが慣例です。)

四級カチオン界面活性剤より低刺激性です。

ステアラミドプロピルジメチルアミン、べへナミドプロピルジメチルアミンなどあります。
    
殆どのリンス、トリートメントには四級カチオン界面活性剤が配合されていますが、
特に低刺激性を求めるトリートメントでは3級アミンが使用されます。 
 
 
 アミノ酸系カチオン界面活性剤 
  
味の素社の表示名称ココイルアルギニンエチルPCA(商品名:CAE)が
これに相当します。(他にはありません)
  
アミノ酸系カチオン界面活性剤で極めて安全性が高く殺菌力もあります。
カチオン界面活性剤でありながら生分解性にも優れています。
但し、価格が高いので充分には普及していないようです。

※そこで開発されたのが、同社のアミノ酸系両性界面活性剤 商品名:アミセーフLMA-60です。
(表示名称:アルキル(C12,C14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCL)
高い安全性をもつカチオン性を示す両性界面活性剤ですのでカチオン界面活性剤に準ずるもの
としてここに挙げました。生分解性がすぐれているのも特長の1つです。


 カチオン化PPT 
  
PPTは、ポリペプチドまたはポリペプタイドと呼ばれます。
PPTは、タンパク質(アミノ酸が数多く繋がったもの)を部分的に加水分解して
アミノ酸に近づけたものです。
非常に安全性の高い化合物で髪の補修に効果があるので
トリートメントに配合されます。

加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルクの3種類があります。
これにカチオン性のある化合物を反応させて髪への吸着性を増したのが、
カチオン化PPTです。
  
表示名称では、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解シルクなど。
  
  
 カチオン化セルロース 
  
天然のセルロースにカチオン性のある化合物を反応させたものです。
表示名称は、ポリクオタニウム-10です。
  
同じカチオンでも高分子化合物であるセルロースと反応させていますので
四級カチオン界面活性剤に較べて安全性が格段に向上しています。
  
帯電防止効果、クシ通り改善効果があるので、シャンプーで配合されることが多いです。
ポリクオタニウムの中では、もっともポピュラーなものです。
  

※ご参考:
あんだんてシャンプー&トリートメントには、次のカチオン成分が配合されています。

・シャンプー:ポリクオタニウム-10

・トリートメント:
3級アミン(ステアラミドプロピルジメチルアミン)、
アミノ酸系両性界面活性剤(アルキル(C12,C14))、
オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCL

いずれもカチオン成分の中では、低刺激性、安全性の高い成分です。
 
 

リンス、トリートメントの配合成分:油性成分

リンストリートメントには、「油性成分」という成分が配合されています。

配合する目的は、
シャンプーによって脱脂された皮脂を補い、
ツヤ、なめらかさ、しっとり感 などを出す為です。

一般的にお店で市販されているシャンプーは、脱脂力が強い傾向があります。
ですので、不可欠の成分であると言えます。

ちなみに、シャンプーとリンス・トリートメントとの組み合わせは、
「同一メーカー」「同一シリーズ」の製品を使用する事が好ましい・・・・と考えられます。

メーカーは、あるコンセプトに基づき、シャンプーやリンス・トリートメントを
関連付けて研究・開発しているからです。

油性成分にも色々とあり、大別すると、
高級アルコール、脂肪酸エステル、天然系油分、シリコーン油があります。


リンス、トリートメントの配合成分:油性成分2

油性成分は大別すると、
高級アルコール、脂肪酸エステル、天然系油分、シリコーン油があります。


 高級アルコール 

皮膚、毛髪に対する保護作用、柔軟湿潤効果があり、粘性を出す効果も
ありますので広く使用されています。
  
セタノール(*1):
代表的な高級アルコールでマッコウ鯨油から作られていましたが、
今はヤシ油または牛脂から作られています。

ステアリルアルコール(*1):
上記と同じ製法で作られます。

ベヘニルアルコール:
ナタネ油から作られています。
セタノール、ステアリルアルコールより安全性が高いので天然志向の製品で使用されます。 

*1 旧表示指定成分
  
 
 脂肪酸エステル 

乳化・柔軟湿潤効果があり欠かせない成分です。
数多くの種類があり、その目的に応じて使いわけられます。

ミリスチン酸イソプロピル:
古くから使用されている代表的な油性成分で応用範囲が広い脂肪酸エステルです。
植物油と鉱物油(ミネラルオイルなど)の混和に効果があります。
毛髪に柔軟湿潤性を与えます。

イソオクタン酸セチル:
べとつかず、のびがよく、髪を柔軟にします。

  
 天然系油分 

現在、天然志向を受けて天然油が広く使用されます。
   
ホホバ油:米国南部、
メキシコのカンの木の種子からとれる黄色の液体ロウから得られる。
他の植物油脂にくらべて酸化安定性にすぐれています。

シアバター(シア脂):
シアの種子から得られる白色~淡黄色の塊の脂肪です。

メドウフォーム油:
メドウフォームの種子から得られる淡黄色の透明液体の油です。

ツバキ油:
ツバキの種子から得られる無色~微黄色の油脂で
古くから髪油として重宝されてきました。

ラノリン:
羊毛に付着している分泌物(羊脂)を精製して得られます。


 シリコーン油 

撥水性が高いこと、べたつきがなく軽い使用感触を示します。
また、毛髪上の広がりにすぐれていますので、
ほとんどのリンス、トリートメントに配合されています。

ジメチコン:
シリコーン油の代表的なものです。
ほかの成分が皮膚や毛髪上に広がるのを助ける働きがあることから
油分を配合するあらゆる製品に使用されます。

シクロメチコン:
環状の重合物で、他の化粧品原料との相溶性にすぐれ、揮発性でベタつきを防止します。
  
シリコーン関連成分は、色々なタイプが開発されており、
これさえあればヘアの「感触の改善」がほとんど解決してしまいます。

このため、適度な洗浄力のシャンプー、髪の手入れ、規則的生活など
ヘアケアの基本に関わる部分が疎かになりがちなので注意が必要です。
 

リンス、トリートメントの配合成分:PPT(ポリペプチド)

リンス、トリートメントに配合されている成分は、
主に「髪の修復」を目的として用いられています。

ところで。

髪の毛は皮膚の一部と考えられ、皮膚と似たタンパク質です。 
ただ、皮膚と違うのは一度傷ついてしまうと自分で治すことができません。
  
そのため、外から働きかけて修復する必要があり、
リンス、トリートメントが開発・使用されています。


また、髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。
従って、同じ修復をするにしても、
タンパク質に近いものを使えばもっと効果的である、と考えられます。

タンパク質は、肉や卵などの栄養素、ウール製品(ケラチン)や、
絹繊維(フィブロイン)、皮革製品(コラーゲン)などの日用品、
そして、私たちの人体にも、水分に次いで多く含まれている成分です。
  
人のカラダでみると、髪や爪を構成するケラチン、  
皮膚を構成するコラーゲンなどです。


少し化学的・専門的にみていきますと、

タンパク質は、組成面でみるとアミノ酸が長くつながったものですが、
その中間にPPTがあります。


 PPT 

PPTは、POLYPEPTIDE の略称で「ポリペプチド」、「ポリペプタイド」と呼ばれます。
アミノ酸がペプチド結合(一寸専門的になりますが)で繋がったものです。

2個がジペプチド、3個がトリペプチド、10個程度までがオリゴペプチド、
10個以上がポリペプチドです。


髪の修復剤としてのPPTは、次の物質を部分的に加水分解して、
アミノ酸に近づけた状態で使用します。

ケラチン:羊毛
コラーゲン:動物(牛皮、豚皮) 魚(魚皮、魚鱗)
シルク:絹糸

タンパク質のままでは水に溶けませんが、加水分解することにより
水に溶けるようにしたものです。

表示名称としては、加水分解ケラチン、加水分解シルク、加水分解コラーゲンなどです。
 
 
PPTを用いた成分の効果としては、

・分子量の大きいものは毛髪に被膜を形成し保湿します。
・細く柔らかい毛髪にハリを与えます。
・分子量の小さいものは毛髪にうるおいを与え、損傷毛を保護修復し、硬い髪を柔らかく仕上げます。

  
  
当サイトでご紹介している アミノ酸系「あんだんてシャンプー」は、
「アミノ酸、糖類、脂肪酸に関係の深い成分で作る」ポリシーで開発されており、
PPT成分として「ラウロイル加水分解シルクNa」が配合されています。

リンス、トリートメントの配合成分: アミノ酸

アミノ酸は、髪の補修成分としてリンスやトリートメントに配合されています。
タンパク質を構成するアミノ酸自体を補修成分として使用します。

使用されるアミノ酸を挙げてみます。


 アルギニン 

魚の白子の中や植物種子中に存在します。毛髪はケラチンというタンパク質でできていますが、
ケラチンのなかにはアルギニンが多く含まれています。
従って、ヘアケア製品に使用した場合、毛髪と親和性が高く、速やかに毛髪に吸着し、
しかも内部まで浸透します。また、損傷毛ほど、よく吸着する特性がありますので効果的です。


 グリシン 

人肌コラーゲンのアミノ酸の約1/3を占め、最も多く含まれるアミノ酸です。
毛髪に対して指通り、風合いを改善します。
医薬品として栄養剤、制酸剤、解毒剤などとして使用されます。
   

 グルタミン酸 

天然タンパク質中の主要構成成分です。
グルタミン酸Naは「昆布のだし汁のうまみ成分」としても知られています。
単独でも配合されますが、アミノ酸系界面活性剤の原料としても広く使用されます。


アミノ酸単独として使用されるのは上記の3種類ですが、
タンパク質を構成する7つのアミノ酸を混合したものも使用されます。
ベタイン(40%)、PCA-Naソルビトールなどを加えて湿潤剤として製品化されています。
(プロデュウ400:味の素の商品名)
 
 
 
※私が毎日使用している あんだんてシャンプーは、
「アミノ酸、糖類、脂肪酸に関係の深い成分で作る」ポリシーで開発されており、
アミノ酸成分として「アルギニン」が配合されています。
また、無香料で洗髪中・洗髪後のゴワゴワ感がありません。 
 

リンス、トリートメントの配合成分: 保湿成分

毛髪の [水分量とパサつき度]は、大きく関係します。
購買者へのある調査によると、次のような回答が得られたそうです。

 商品選択時に関心をひかれる商品特徴は? 

(リンス)
1)髪のうるおいを保つ
2)髪のダメージを防ぐ
3)香りがよい
4)傷んだ髪を補修する
5)髪にやさしい

(トリートメント)
1)髪のうるおいを保つ
2)髪のダメージを防ぐ
3)傷んだ髪を補修する
4)髪に栄養を補給する
5)香りがよい

リンスやトリートメントでは、
髪のうるおいを保つ・髪のダメージを防ぐ・髪を補修する
などに、重点がおかれていることが分かります。


 保湿剤の分類について 

配合される保湿成分はトリートメントの場合もシャンプーの場合と大きく変わりません。
水分保持が髪の仕上がりに大きくかかわっています。
そして、商品によって、どの成分が重点的に配合されるかの差があります。

・多価アルコール
ポリオールとも言われ、保湿成分としては最も一般的なものです。

・生体系保湿成分
NMF(自然保湿因子)、各種アミノ酸などがこのグループです。

・動植物性成分
動植物中に存在し、保湿能力のあるものを活用するものです。
 
 

リンス、トリートメントの配合成分:保湿剤の分類とその例

リンスやトリートメントに配合される保湿成分です。


 多価アルコール 

ポリオールとも言われ、保湿成分としては最も一般的なものです。

グリセリン
最も歴史が古い保湿成分でヒアルロン酸と組み合わせて使うと相乗効果が得られます。

BG(1,3-ブチレングリコール)
歴史も古く、比較的低刺激なのでシャンプーで多用されています。
トリートメントでも一部使われます。

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)
BGよりも抗菌性が強いので、防腐剤の代替成分として着目されてきました。

PG(プロピレングリコール)
これまでトリートメントによく使われた保湿成分ですが、
減ってきていて、DPG(ジプロピレングリコール)が代わって使われています。


 生体系保湿成分 

NMF(自然保湿因子)、各種アミノ酸などがこのグループです。

PCA-Na(DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液)
NMFの構成物でアミノ酸の一種であるグルタミン酸を反応させて作ります。

グルタミン酸、グルタミン酸Na
グルタミン酸は天然たんぱく質の主要構成成分として存在します。調味料としてもお馴染み。

ベタイン(トリメチルグリシン)
天然のアミノ酸系保湿成分です。肌や髪に柔軟性と弾力性を与えます。

アルギニン(L-アルギニン)
生体たんぱく質の成分として存在。髪の傷んだところに浸透しますので、
ヘアケアで重視されます。

ヒアルロン酸Na
細胞間隙に水分を保持する機能があるので、保湿成分として使用されます。
グリセリンと併用が効果的。


 動植物性成分 
 
動植物中に存在し、保湿能力のあるものを活用するものです。

トレハロース
自然界では、動植物・微生物に存在しています。乾燥条件下から細胞を保護する作用があります。

ラフィノース
ビート糖の副産物である糖蜜から取り出されます。
高い保湿性がありながら吸湿性がない特徴があります。

加水分解シルク
蚕の絹繊維を構成するタンパク質フィブロインを加水分解したものです。
皮膚や毛髪に吸着性・浸透性があります。

ラウロイル加水分解シルク
アニオン界面活性剤ですが、皮膚や毛髪に対して保護、湿潤、柔軟作用もあるので、
「化粧品成分用語事典2006」では保湿成分として分類しています。

キトサン
カニ、エビの殻を主原料としてキチンを経て作られます。毛髪に吸着して保湿性を示します。


リンス、トリートメントの配合成分:保湿剤の配合について

市販の商品の配合例をみると、多価アルコールを使用している例が多いようです。

トレハロースやPPTを配合しているものも一部ありますが、
全体の傾向としては多価アルコールが主体で、
なかにはDPGを高濃度配合しているものもあります。

ベタイン
褪色防止効果がありパーマなど化学的処理のときに毛髪を護る特性がありますが、
保湿効果によるものと考えられます。

ラフィノース
吸湿性は低いのですが、一度保水すると離さない特長がありますのでべたつきません。

トレハロース
乾燥条件下から細胞を保護する作用があります。べたつきのない使用感に寄与しています。
 
ラウロイル加水分解シルク、アルギニン(L-アルギニン)
髪の補修の目的で配合していますが、保湿効果にも優れています。


参考:「あんだんてシャンプー&トリートメント」の場合
 
あんだんて社のトリートメント「あんだんて髪を潤すトリートメント」では、
保湿力を重視しています。

髪のまとまりが良いのにさらっとした感触で、べたつかない・・・という特長は、
ここからきています。

あんだんての保湿成分は市販のトリートメントと大きく異なる・・・との事。

  
 

| シャンプー de 毛髪・頭皮ケア ホーム |
シャンプー de 毛髪・頭皮ケア Page Top↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。