スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンスについて

リンスについて簡単にご紹介したいと思います。


 リンスの起源 
   
リンス(rinse)には、もともと“すすぐ”という意味があります。
石けんで髪を洗うのが主流であったころは、髪に石けんカスが残り
髪がゴワゴワしたり髪の毛のツヤがなくなったりすることがありました。

この対策として、お酢やレモン汁を使ったのがリンスの始まりです。
(酸性リンスといわれるものです。)


 現在のリンスについて 

洗浄成分としてラウリル硫酸塩が使われだしてからは、
石けんカスの問題がなくなりましたので、
シャンプーによって失われた油分を補うなど
コンディショニング効果を期待するものになっています。

洗浄成分も初期のラウリル硫酸塩から、

これに高分子を付加したポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩(ラウレス硫酸Na)、

さらに低刺激性でコンディショニング効果を持ったアミノ酸系洗浄成分の
出現などにより、配合する成分も変わってきています。


 リンスに配合される成分 
   
カチオン界面活性剤、油性成分が主体となっております。
 
 
スポンサーサイト

| シャンプー de 毛髪・頭皮ケア ホーム |
シャンプー de 毛髪・頭皮ケア Page Top↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。