スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛髪、頭皮と食生活

健康状態の良し悪しは、からだの末端から現れるとされます。
例えば、肌が荒れる、爪の色がおかしい、髪の毛が抜けるなどの症状が見られます。

逆から見ると、肌が荒れたり、頭髪の脱毛が多い状態は、
例えば、腸の環境が良くないといった、健康状態を推測出来ます。

健康を左右する重要な要素として考えられるのは、食生活です。
脱毛が増えているのなら、それは、栄養バランスが良くないのかもしれません。

食生活において、いわゆる和食が毛髪に良い とされているのは、

・自然の食材を出来るだけそのまま食する調理方法、
・化学調味料や油(脂性)を控えめにした調理方法、
・バランスの良い食材の利用、  

・・・・だからだと思います。

サプリメント(栄養補助食品)によってサポートする事や、
外食やインスタント食品、レトルト食品等の利用は、
現代人が快適(楽な)生活を送るには、ある程度は必要となるのかもしれません。
しかし、利用過多・摂り過ぎは、身体の中の栄養バランスを崩す可能性があります。


スポンサーサイト

毛髪組成物質と栄養素

毛髪の主な組成物質は、タンパク質・必須アミノ酸、ビタミンA、B1、B2、B6、E、
ヨード、ミネラル類(鉄・カルシウム等) などとされているのですが、
それらを踏まえ、栄養素的に積極的に摂取すべきモノの「例」を考えてみます。

 
・髪の成分(たんぱく質:アミノ酸)を生成・・・・たんぱく質
(肉類、魚類、大豆、卵 etc)

・髪の新陳代謝を促進・・・・ビタミンB群
(うなぎ、サバ、レバー etc)

・血管の老化、血行障害を防止・・・・ビタミンE群
(玄米、小麦麦芽、緑黄野菜、オートミール etc)
 
・毛髪に酸素を供給する血液(赤血球)に対して・・・・鉄分
(ひじき、煮干し、焼き海苔、ごま、切干大根、大豆 etc)
 
・抜け毛を抑制・・・・カルシウム
(干しエビ、煮干し、ひじき、チーズ、牛乳 etc)

・髪のつやを良くする・・・・ヨード
(ワカメ、コンブなどの海藻類、ヨード卵)
 
・髪の老化の防止・・・・亜鉛
(カキ、海藻類 etc)


関連:http://news.livedoor.com/article/detail/3303769/
 
  

| シャンプー de 毛髪・頭皮ケア ホーム |
シャンプー de 毛髪・頭皮ケア Page Top↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。